ITベンダー・サービス事業者として
IT導入補助金2024 の認定を受けました

当社は本年も IT導入補助金 の『IT導入支援事業者』に認定されました。

IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者等(※)が生産性の向上に資する『ITツール(ソフトウェア、サービス等)』を新規導入する際の事業費等、経費の一部が補助される大変お得な制度です。

※要件を満たせば個人事業主も交付申請が可能です。例えば建設業の場合、資本金3億円以下または常勤従業員300人以下の法人および個人事業主が対象となります。詳細はIT導入補助金の公式Webサイトからご確認ください。

同補助金事業は、企業がかかえる課題や需要に合ったITツールを新規導入する際、経費の一部を補助することで業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。
交付申請には審査があります。その結果、交付決定を受けることができた場合にのみ補助事業が実施されます。

≪補足≫ 認定を受けた『IT導入支援事業者』は、中小企業・小規模事業者等のみなさまの労働生産性向上やDX等のために、各種ITツールのご提案&導入と交付申請時の事業計画策定・共同申請を行うことができる企業またはコンソーシアムのことです。

IT導入補助金 対象製品

こちらはIT導入補助金の補助対象となるシステムですので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

いずれも同補助金の『ITツール』として承認を受けております。各システムの詳細については下記リンクボタンからそれぞれのページをご覧ください。

<業務プロセスに該当する製品>

<汎用プロセスに該当する製品>
当社 AP販売システム(APhanbai) または 在庫管理システム(WMS)と同時に新規導入する場合、交付申請が可能な製品となります

  • 掲載している費用については『IT導入補助金(2024)』の制度を利用して、対象製品(ITツールとして承認を受けたシステム)を新規導入されるお客さまのみに適用される【特別価格】となっております。当社の通常ご提供価格とは異なりますのでご注意ください。
  • IT導入補助金は、対象製品(ITツールとして承認を受けたシステム)を新規導入する場合にご利用いただけます。なお、同補助金の交付決定前に契約・支払・導入等が済んでいるITツールは対象外となりますのでくれぐれもご注意ください。
  • IT導入補助金は、汎用プロセス(汎P-07)単体のみでは交付申請ができません。業務プロセス(共P-01~共P-05、各業種P-06)と組み合わせて一緒に新規導入する場合に交付申請が可能となります。
  • 交付申請は1事業者につき1回のみとなります。ただし各締切回で公表される審査結果にて不採択となった場合、次回以降の締切までに再び交付申請が可能です。
  • 交付申請に必要な書類準備や入力作業等はお客さまご自身で行っていただく制度です。申請代行サービスはありません。当社では可能な範囲でのサポートをさせていただきます。同補助金には交付規程や公募要領が定められていますので、事前に公式Webサイトで内容をご確認ください。
  • 審査を経て交付が決定した補助金は、IT導入補助金事務局より補助対象者に直接支払われます。ただし審査結果によっては交付対象とならない場合(不採択)があります。

IT導入補助金 対象の公募枠・補助額

当社が提供するITツールを用いて交付申請が可能な公募枠は、下記の2種類となります。

●通常

中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを新規導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。
補助対象経費はソフトウェア購入費、クラウドサービス利用費(最大2年分)、導入関連費(※)となります。

※導入関連費…機能拡張、データ連携ツール、セキュリティ対策、役務の提供に該当する費用が対象

補助額・補助率

補助率補助額
1/2以内1プロセス以上 5万円以上150万円未満
4プロセス以上 150万円以上450万円以下

※プロセス数の要件により補助額が異なります

ITツールの要件

下表のうち1種類以上業務プロセスを保有するソフトウェアを申請すること(汎用プロセスのみは不可)

 種 別Pコードプロセス名
業務プロセス共通プロセス共P-01顧客対応・販売支援
共P-02決済・債権債務・資金回収
共P-03供給・在庫・物流
共P-04会計・財務・経営
共P-05総務・人事・給与・労務・教育訓練・法務・情シス
業種特化型プロセス各業種P-06その他 業種固有プロセス
汎用プロセス
※単体での申請は不可
汎P-07汎用・自動化・分析ツール
(業種・業務が限定されないが生産性向上への寄与が認められる業務プロセスに付随しない専用のソフトウェア)

●インボイス枠(インボイス対応類型)

中小企業・小規模事業者等のみなさまが導入する会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフトの経費の一部を補助することで、インボイス制度に対応した企業間取引のデジタル化を推進することを目的としています。
補助対象経費は会計・受発注・決済のいずれかの機能を有するインボイス制度に対応したソフトウェア購入費およびクラウドサービス利用費(最大2年分)、ハードウェア購入費、導入関連費(※)となります。

※導入関連費…機能拡張、データ連携ツール、セキュリティ対策、役務の提供に該当する費用が対象

補助額・補助率

※補助額が50万円超の場合…補助額のうち50万円以下については3/4(小規模事業者は4/5) + 50万円超については2/3となります

導入するITツールがインボイス制度に対応した
「会計」・「受発注」・「決済」のうち、機能を"1機能以上"有する場合

ソフトウェア 補助率
(中小企業は3/4以内、小規模事業者は4/5以内)

補助額 50万円以下
導入するITツールがインボイス制度に対応した
「会計」・「受発注」・「決済」のうち、機能を"2機能以上"有する場合

ソフトウェア 補助率
(2/3以内)

補助額 50万円超 ~ 350万円以下

ハードウェ 補助率(1/2以内)

※ハードウェアを補助対象として申請する場合は、そのハードウェアがソフトウェアの使用に資するものであること

PC / タブレット / プリンター / スキャナ / 複合機

補助額 10万円以下

POSレジ / モバイルPOSレジ / 券売機

補助額 20万円以下

ITツールの【必須要件】

インボイス制度に対応し、「会計」・「受発注」・「決済」の機能を有するソフトウェアであること

IT導入補助金 交付申請期限

同補助金の公式Webサイトについて…システムメンテナンス等によりログインやアクセスができない場合がございます。各種申請・ご提出はスケジュール日時に余裕をもって実施していただきますようお願いいたします。

★昨今、悪質な代行業者を利用したことによるトラブルが社会問題となっております。誤ったアドバイス等を受けないよう、補助金の申請サポートを依頼する場合は信用できる企業または取引のある社労士・行政書士へご相談ください。

●通常

1次締切分…2024年3月15日(金) 17:00
2次締切分…2024年4月15日(月) 17:00
3次締切分…2024年5月20日(月) 17:00
4次締切分…2024年6月19日(水) 17:00
5次締切分…2024年7月19日(金) 17:00

●インボイス枠(インボイス対応類型)

1次締切分…2024年3月15日(金) 17:00
2次締切分…2024年3月29日(金) 17:00
3次締切分…2024年4月15日(月) 17:00
4次締切分…2024年4月30日(火) 17:00
5次締切分…2024年5月20日(月) 17:00
6次締切分…2024年6月03日(月) 17:00
7次締切分…2024年6月19日(水) 17:00
8次締切分…2024年7月03日(水) 17:00
9次締切分…2024年7月19日(金) 17:00

確定している募集回のスケジュールを掲載しております。
IT導入補助金に関する最新情報は、公式Webサイトをご確認ください。


※当社への一方的なセールスを目的としたお問い合わせは何卒ご遠慮ください。